FC2ブログ

個人事業主とは - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

個人事業主とは

年間20万円以上の副収入があった場合、個人事業主は確定申告で、税金を別途納めなければなりません。
いわゆる個人会社を立ち上げる人のことで、個人事業主というのは、通常、自営業者と呼んでいます。
一般的には、個人事業主というのは、事業主一人、あるいは家族だけ、もしくは少数の従業員を抱えるというのが普通です。
雇用でない契約によって事業に従属する者は、独立の経営者になり、法人でない場合は、個人事業主ということになります。
小規模経営が個人事業主の一般的な姿ですが、特に規模そのものには制限がなく、大規模経営することもあります。

個人事業主のメリットは、経費を計上できることで、家賃、光熱費、通信費などの費用の一部が経費として認められます。
具体的には、個人事業主になれば、確定申告の際、より多くお金が返ってきやすく、有利になります。
信用感や体面を得るために個人事業主が法人化することはよくあり、そこには税法上のメリットもあります。
経費は自分の所得から差し引かれるお金なので、個人事業主になれば、課税される税金も安くなります。
事業の稼ぎによって例外もありますが、フリーで仕事をしている個人事業主は、面倒でも登録しておいた方がいいでしょう。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.