FC2ブログ

個人事業主の確定申告 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

個人事業主の確定申告

個人事業主が確定申告をすれば、払いすぎの税金を返してもらうことができるので、メリットは大きいです。
小規模企業共済制度とは、個人事業主が事業をやめた場合に、積み立てた掛金に応じて共済金を受け取れるというものです。
一定の要件に該当する給与所得者は、勤めている会社が年末調整するので、個人事業主になった人は確定申告を忘れやすいのです。
しかし、個人事業主になった時は、各人が確定申告によって、しっかり納税手続をしなければいけません。
給与所得者が年末調整という方法で年間の所得を計算する代わりに、個人事業主は自ら確定申告をするのです。
確定申告を理解することは、無駄な税金を払わないことにもつながるので、個人事業主も勉強しなければなりません。
翌年の2月16日から3月15日までの期間に、個人事業主は、自ら事業内容をまとめて、確定申告しなければなりません。
納税額を確定して納税手続をするのは個人事業主も同じなので、確定申告に無関係というわけにはいきません。
常時使用する従業員が20人以下の個人事業主なら加入することができ、掛金として最高7万円までかけることができます。
個人でアパート経営やソフトの開発を行なっている個人事業主は、年一回義務として、確定申告をする必要があります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.