FC2ブログ

個人事業主の給与 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

個人事業主の給与

個人事業主の場合、事業資金が不足した時などは、個人のお金から運転資金を充当する必要があるので、給与という形態はとっていないのです。
そして、個人事業主が事業用の口座から給与をもらう場合は、事業主貸という名目で、計上することができます。
ただ、専従者給料などを引いて、残ったお金には税金はかかるので、個人事業主は十分注意しなければなりません。
一般的に個人事業主の場合、所得税法上においては、給与という概念はなく、仮に支払っても必要経費にはなりません。

個人事業主には本来、給与という概念がないので、もらえるならいくらもらっても構わないということです。
個人事業主は、給与所得控除がなくなるのではなく、事業から給与を取っても経費にはならないということになります。
帳簿上で、個人事業主は借入金の返済などを記載する必要があり、帳簿上での給与は、売り上げから仕入れと経費を引いたものになります。
いわば、個人事業主にとっては、基本的には入ってくるすべてのお金が、給与と言ってもいいかもしれません。

個人事業主の経費と私的な出費については、確定申告の時に分ければいいわけで、入ってくる収入はすべて給与になります。
給与は必要経費には元々入らないので、個人事業主の場合は、それほど神経質になることはありません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.