FC2ブログ

個人事業主の雇用保険 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

個人事業主の雇用保険

この場合でも、個人事業主になっている人については失業に該当しないので、雇用保険は受けられません。
判断基準は難しくなりまずか、個人事業主の事業が存在していても、フルタイムでどこかに就職して働ける状況なら、雇用保険の給付は可能です。
定収入にまでいきつくのは、個人事業主の場合大変なので、中には、派遣の仕事と並行してやっている人もいます。
そのため、こうしたケースでは、必ずしも個人事業主が、雇用保険をもらえないとは限りません。
しかし、よくよく考えてみると、個人事業主というものについては、明確な定義というものは存在しません。
しかし、雇用保険の受給中に、個人事業主が事業を営んでいて収入があるのなら、無効になります。

個人事業主は、雇用保険が、あくまで失業に伴う保険であることを認識しなければなりません。
ただ、事故などで働けない体になった場合は、個人事業主は事業を続けられなくなるので、雇用保険は受けられるかもしれません。個人事業主の場合、雇用保険を払っていても、失業保険をもらうことはできないので、注意が必要です。
その分が雇用保険に影響することになるので、個人事業主は、ハローワークに相談しなければなりません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.