FC2ブログ

個人事業主の福利厚生 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

個人事業主の福利厚生

ただ、個人事業主の場合、福利厚生が経費として使えるかどうかは疑問で、果たして使えるのでしょうか。
中には、個人事業主は、福利厚生が認められているので、積極的に活用するべきとする意見もあります。
福利厚生は一般管理費の中の項目なので、個人事業主の必要経費として、立派に認められています。
福利厚生は、個人事業主に限らず、接待交際費と同じように経費として計上できるかどうかのはっきりとした基準がありません。
しかし、一方で、個人事業主は、福利厚生を経費として計上するのは、非常に難しいとする意見もあります。

個人事業主における福利厚生は、従業員に対する結婚祝い金、お見舞金、香典、食事代補助、社員旅行代などが含まれます。
そんな時は、確定申告を顧問税理士に依頼すれば、個人事業主は、福利厚生の計上が認められやすくなります。

個人事業主の場合、福利厚生を仮に経費として載せたとしても、税務署の監査が厳しいといいう声があります。
実際、企業と同じように、個人事業主であっても、従業員の健康増進や福利のため、福利厚生は使うことができます。
申告を修正すると延滞税がかかるので、個人事業主の場合は、無理に福利厚生を経費として計上する必要はありません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.