FC2ブログ

サラリーと保険料 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

サラリーと保険料

手取りのサラリーを比較して少ないことを理由に転職を考える人もいるようですが、保険料などを含めた総額が多ければ、転職するのはもったいないと思います。
主人のサラリー明細を見てみると、主人の月給は総額が35万円強、保険料などの控除額が10万円弱、よって手取りは25万円といったところです。
様々な役所手続きなども手取りではなく保険料を含めた総額のサラリーを聞かれることが多いと思いますから、きちんと自分の年収総額を知っておきましょう。
一般的には手取りのサラリーよりも、保険料などを含めた総額の方を重視します。

サラリーから引かれる様々な保険料は、収入によって異なってくるようです。
ちなみに総額で年収500万円強の我が家の主人の場合、サラリーから引かれる健康保険料は13000円程度です。
ですからサラリーは手取りの金額で他人と比べるよりも、保険料などを含めた総額で比べると良いと思います
手取りのサラリーが他人よりも少ないと嘆いている方も多いと思いますが、保険料などを含めた総額が他人よりも多ければ、恵まれているといえるのではないでしょうか。サラリーは保険料などが天引きされて、手取りの金額になります。
サラリーから天引きされるのは、健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料などです。
そして、サラリーから天引きされる様々な保険料に関する情報も、ネット上には満載です。
私と子供が2人扶養家族になっていますから、独身の方とは多少サラリーから引かれる保険料は異なっているかもしれません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.