FC2ブログ

営業トークで注意したいオウム返し - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

営業トークで注意したいオウム返し

ところが反応が薄い場合であっても、意外とお客様が営業トークを聞いてくださっている場合が多いので、あまり心配しなくてもいいかもしれません。
しかしお客様の本音はといえば、営業トークにうんざりしているからこそ、オウム返しをしているともいえるのです。
そこでもしも聞いてくださっているお客様が営業トークに対してオウム返しをしているのであれば、切り口を変えるしかありません。
お客様が営業トークにオウム返しを行っている場合、熱心に聞いてくださっていると勘違いしやすいものです。
やはり会話になっていないということは、お客様が拒否を暗に示しているわけですから、気をつけなければならないのが営業トークです。営業トークを行っていく上で、もしもお客様の反応が薄いときは非常に気になってくるものですよね。お客様と会話のキャッチボールができるようであるならば、その売りたいものが売れるかもしれません。
ですからお客様が営業トークから売りたがっているものに興味を示していないことを伝えてくれるのがオウム返しです。

営業トークは滑らかに行っていくことが良いとされていますが、お客様の反応がオウム返しでは失敗です。
そこでお客様に営業トークを聞いていただくためには、オウム返しが始まったのであるなら、他の面で素晴らしいところを伝えたほうがいいでしょう。
確実に自分の売りたいものを魅力的なものだということをお客様に伝えられるような営業トークであったなら、オウム返しにはならないでしょう。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.