FC2ブログ

コピーライターと英語 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

コピーライターと英語

わたしが知っているコピーライターの作品には、あまり英語が関係なさそうですが。
いろいろなお客様が来られますから、英語を間違ってしまうと、コピーライターの責任でしょうね。
言葉に関係のある仕事のコピーライターですから、英語を使ったりするのかと思ったのです。
ただ、学校で習ってきた英語の知識だけでは、コピーライターとしてはどうなのでしょうか。
そんなふうに、コピーライターも、英語が使えるといいのではないでしょうかね。
コピーライターとして、日本語だけでなく、英語のセンスをも見せるということであれば。
英語を間違って使ったりしたら、コピーライターとしては、恥ずかしいことになりますよね。
わたしも実際、アルバイト先でコピーライターが英語を間違ったのを、見たことがあります。

コピーライターですが、さて、英語を使うとしてもですね、注意すべきことがあるでしょう。
しかし、せっかく印象のいいコピーを考えるコピーライターなら、英語も正確に使っていきたいものでしょう。
やはり、コピーライターとしては、英語だけでなく、英会話の知識もあった方がいいでしょうか。
そんなふうに考えていると、コピーライターの苦労というのがしのばれるのです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.