FC2ブログ

全商簿記検定 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

全商簿記検定

簿記検定を持っていると何かと便利、という事から資格取得をした事のある方も多いのではないでしょうか。

簿記検定に合格して簿記能力を対外的に証明させたいところですが、一体どの試験を受ければ良いのでしょう。
こう言うと簿記検定に合格していれば就職に有利と捉えられそうですが、そこまでの決定力はないでしょう。
有名なところで言えば簿記検定には全商簿記と日商簿記とがあり、知らなければどちらが何かは分かりません。
もちろん資格を持っている事ではなく、簿記検定に合格するだけの能力を持っている事が重要です。
高校の時に全商簿記検定に合格しているから簿記は大丈夫、と高をくくっていると失敗するかもしれません。
実際には簿記検定に合格していなくても、合格に相当する実力があれば実務的には問題ありません。
スキルアップの為に簿記を覚えたい、という方は全商簿記検定ではなく日商簿記から注目すると良いでしょう。
もちろん全商簿記検定を受けても問題はなく、ただ資格としての難易度が違っている事に注目する必要があります。
とは言え全商簿記検定によって得た資格がまるで役立たずという事はなく、簿記として扱うには十分でしょう。
ただ、企業的にはその実力を推量する要素として簿記検定を要求する事があります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.