FC2ブログ

簿記検定の合格率 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

簿記検定の合格率

早ければ高校生の段階から簿記検定を受験する事もあり、資格としては比較的身近にあるものだと言えます。
もちろん簿記検定で問われる問題は簿記に関連したものですが、解釈の仕方によっては様々な使い方が出来るものです。
特にキャリアアップの第一段階として、簿記検定に挑もうとされている方はかなり多いのではないでしょうか。
日商簿記検定で言えば2級程度を持っていれば実用として問題ないとされているので、そこまで合格率に対して敏感になる必要はなさそうです。
日商簿記検定の1級に合格すると、税理士への道が見えてきます。
ブログやサイトを利用すれば、簿記検定に関する詳しい情報を収集することができます。
もっと言うと会計に携わる人だけでなく、社会人の嗜みとして簿記検定を受けておいても損はないでしょう。

簿記検定の最終的な目標が1級だとしても、いきなり目指すのは少々要領が悪いでしょう。
特に、今まで会計に携わって来なかったのなら尚更簿記検定を基礎から勉強する必要があります。
と言っても簿記検定は年中開催されている訳ではなく、4級から2級までは年に3回のチャンスがあります。
まずは手始めに、簿記検定の3級あたりを目指してみては如何でしょう。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.