FC2ブログ

宅配ドライバーの勤務時間 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

宅配ドライバーの勤務時間

宅配ドライバーの仕事は、基本的には荷物を依頼主のところへ配達するのがメインになります。
そうして宅配ドライバーの勤務時間を見ると、今のところ労働環境は決して良いとは言えません。
また、宅配ドライバーと言っても色々で、長距離などの場合もあるので、それによって勤務時間は大きく違ってきます。
そうすると事故の危険性などが考えられるからで、宅配ドライバーは、かなりやる気が問われる仕事です。
この場合の宅配ドライバーは、ある意味サラリーマンに近いタイプの雇用形態で、勤務時間も定まっています。
運賃もまた、仕事の内容がマチマチなので、この場合の宅配ドライバーは、基本、歩合制の会社が多くなっています。
実際、宅配ドライバーの勤務時間の管理はずさんで、休憩15分でも記録は1時間という過酷勤務の実態があります。
他にもいろいろな手段がありますが、宅配ドライバーの勤務時間平均を見ると、所定内が170.6時間、所定外が 48時間で、合計 218.6時間となっています。
いわゆる宅配ドライバーの定期便は、新聞配達のように決まった配達先に毎日同じ道を通って配達するものです。
また、宅配ドライバーは、サービス残業が多いといわれているので、就業の際には、しっかり確認する必要があります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.