FC2ブログ

退職推奨とリストラ - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

退職推奨とリストラ

ただ、退職推奨をされた場合、簡単に退職届を書いてはダメで、よく考えて対処しなければなりません。

退職推奨された時は、リストラではないものの、やはり、平常心でいられるものではありません。
リストラと違って退職推奨された場合は、すぐに退職届を書くと、自己都合退職になるので注意しなければなりません。
そうなると、失業手当をもらえる時期が遅くなるので、退職推奨に応じる場合は、会社都合で辞めさせてもらえるよう交渉しなければなりません。退職推奨は、簡単に言うと、定年前であるにもかかわらず、会社側から退職しないか、と打診されることを言います。
つまり、飛躍的なジャンプアップのきっかけにもなるのが、退職推奨であり、落ち込む必要はありません。
今の会社に勝手やるくらいの意気込みを持つことが大事で、退職推奨はリストラではないので、あまり悲観する必要はありません。
退職推奨で辞めるときは、あくまでリストラされたのではなく、自分が会社をリストラしてやるという心構えが大事です。
会社の都合でこっちが辞めてあげるのが退職推奨であり、リストラとは違うことを労働者側は認識しなければなりません。
あまり要らぬ事を考えると、退職推奨されたことで、ストレスが大きく溜まるので、注意しなければなりません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.