FC2ブログ

退職推奨された時の退職金 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

退職推奨された時の退職金

通常、退職金算定基礎給×勤続年数×事由係数という計算式で支給額が決まるのですが、退職推奨の場合は、普通、それにプラスアルファされます。
そうした場合、退職推奨は当然、会社都合での退職になるのですが、自己都合にされることもよくあります。
自己都合で退職推奨に応じると、退職金の支給、失業保険金の支給などで、大きな不利を被ることになります。
今の時代、従業員に退職推奨をする会社は多く、非常に辛い時代です。
つまり、会社都合で退職推奨に応じることで、退職金、失業給付共に、増額されるというメリットがあるのです。
退職推奨を受けた時は、決して会社の言いなりになって、退職届に判子を押してはいけません。
事業主の離職理由に異議ありと記せば、退職推奨についてハローワークが調べてくれ、会社都合に変更になることが多いのです。

退職推奨に応じる時は、必ず、会社都合になるように交渉し、会社がそれに応じない場合は、本人記載欄にその旨を記すべきです。
退職推奨で自己都合にされないようにするには、話しあいの席で、会社都合になることを打診しなければなりません。

退職推奨に応じる際、会社の思うようにしていると、自己都合になることがあり、結果的に退職金が少なくなることがあります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.