FC2ブログ

中国語検定のリスニング - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中国語検定のリスニング

中国語検定は、リスニングが重要ですが、解答については、マークシートによる選択式と一部記述式を採用しています。
中国語検定3級のリスニングが出来ないと嘆く人多く、そうした人は点数が上がるコツを把握する必要があります。
合格基準点については、中国語検定の場合、リスニングを含めて、難易度を考慮して調整されます。
中国語検定の基準点は、リスニングと筆記を合計した点数で、4級~1級はリスニングと筆記が合格基準点に達していないと合格できません。

中国語検定のリスニングは、日本語より豊富な子音と中国語特有の声調があるので、日本人にとっては難関です。

中国語検定のリスニングは4級ができても、3級のリスニングはできない、ということがよくあります。
逆に考えると、リスニングの壁さえ突破してしまえば、中国語検定というのは楽になると言えます。
中国語検定3級のリスニングについては、語彙力が左右されるので、勉強方法としては听写が良いでしょう。
また、中国語検定の準4級については、合格基準点に達しても、リスニング試験を受けていないと不合格になります。
中国語入門者は、中国語検定のリスニング対策として、大量に聴くことが大事ですが、3級レベルの受験者なら書き取り学習がおすすめです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.