FC2ブログ

中国語検定協会 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中国語検定協会

中国語を勉強する方法は人によって色々ですが、的確にレベルを計りたいなら、中国語検定協会主催の試験を受けることです。
初めて中国語検定協会主催の試験が実施されたのは、1981年であり、その歴史は非常に古いものです。
評価基準や評価の方法などを検討しながら、年々、レベルアップして中国語検定協会主催の試験は行われています。
非常に歴史のある中国語検定協会主催の試験なので、今後はますます飛躍的に発展していくことが期待されています。

中国語検定協会主催の試験は、長年の歴史があることから、合格者の数は28万人となっています。

中国語検定協会主催の試験は、今後も志願者が増えることが見込まれていて、検定を受ける人の数はより増えるでしょう。
世界の中で一番今、ホットで、経済成長が目覚しいのが中国なので、中国語検定協会主催の試験の期待値は高いです。
日本中国語検定協会が主催する検定試験は、略称中検で通っていて、1981年に第1回が試験実施されてから、長い歴史があります。
そして1989年、中国語検定協会主催の試験において、初めて準2級ができ、現在の流れになっています。
日本国内の受験地が11箇所に限定される漢語水平考試と比べ、中国語検定協会主催の試験は全国54箇所で行われます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.