FC2ブログ

中国語検定の合格率 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中国語検定の合格率

中国語検定は、合格率が気になるところですが、基準となる得点を超えると合格になります。
合格基準点はリスニング、筆記の合計点で設定されていて、中国語検定の合格率は決して高くありません。
リスニング、筆記各100点、合計200点満点で中国語検定は採点され、準4級のみが各50点、合計100点満点になります。
何れか片方が合格基準点に届かなかい場合は、中国語検定は不合格になるので、偏りのない勉強が必要です。
3級の場合、中国語検定の合格率は41.4%~27.9%となっていて、かなりの大きな開きがあります。
第69回の中国語検定の合格率が一番低いので、その時の試験が最も難しかった試験だと判断できます。
そうしたことを勘案して、中国語検定の過去問題を解くときは、合格率の低かった回で何点取れたかを確認する必要があります。
難しかった時の中国語検定試験で、合格基準点を上回るスコアが取れるまでは決して安心はできません。

中国語検定で1級の場合、合格基準が85点で合格率は2.6%となっていて、非常に狭き門です。
3級の中国語検定は、一般大学の第二外国語での第二年度履修程度で、合格基準が65点、合格率は38.4%です。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.