FC2ブログ

退職推奨のトラブル - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

退職推奨のトラブル

そうした言動をすると、退職推奨ではなくなり、単なる強要となるので、それ自体が違法となって、トラブルに発展します。

退職推奨をする時は、会社からの提案内容を予め文書化しておくことが大事で、そうすることでトラブルを回避できます。
しかし、実際は、退職推奨に関しては、トラブル事例がいくつもあり、皆無ということは決してありません。
退職金に関しては、退職推奨に労働者が同意しやすいよう、金額の上乗せを用意することも配慮する必要があります。
会社側が強迫行為をすると退職推奨は、法律上、効力を失い、そこからトラブルに発展する可能性ガ高くなります。
まずいきなり解雇するというのはできないので、会社側は、退職推奨という方法で迫ってきます。
また、退職金制度のある会社では、退職推奨を促す場合、退職金についても会社都合で憂慮しなければなりません。
あくまで勧奨であるのが退職推奨であると会社側は認識しなければならず、本人が拒否することを想定しなければなりません。
そうしたところまでいくと、退職推奨のトラブルは大きくなり、会社に損害賠償責任が生じることもあります。
まず、退職推奨でトラブルに合わないようにするには、会社側は冷静に対処していかなくてはなりません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.