FC2ブログ

マルチメディア検定とは - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

マルチメディア検定とは

マルチメディア検定は、試験には3級と2級の2段階が用意されていて、3級は主として基礎知識が試されます。

マルチメディア検定は、マルチメディアと社会の関わりについての社会論についてもしっかり審査します。
基本的に、マルチメディア検定は、4つの側面から出題されるようになっていて、デジタル情報をいかに表現、伝達するかを試験します。
ビジネスの目的に応じて活用することができる人材レベルを想定しているのが、2級のマルチメディア検定なのです。
コミュニケーションするうえで必要な知識と技能を評価する検定試験がマルチメディア検定になります。
マルチメディア検定を取得すると、広範囲でサイト構築をする上で、リーダー的立場で活動していけるようになります。
2級のマルチメディア検定は、マルチメディアについての全般的な知識を有することが求められます。
コンピュータや周辺機器、ネット、デシタルコンテンツ、知的財産権などをマルチメディア検定で習得できます。
特定のアプリケーションソフトの操作や知識ではなく、マルチメディア検定は、マルチメディア全般にわたる総合的な理解を測る検定試験なのです。
コミュニケーションデザイン、マルチメディアなどの基礎知識が3級のマルチメディア検定で試されます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.