FC2ブログ

マルチメディア検定の難易度 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

マルチメディア検定の難易度

合格率はマルチメディア検定のベーシックが60%台、エキスパートは30%前後となっていて、難易度はそれなりに高いです。

マルチメディア検定は、勉強時間がものすごく必要な資格とは言えませんが、それなりの難易度はあります。
年間の総受験者数も3000名前後と、マルチメディア検定は、どちらかというと、マイナー気味の検定になります。
ただ、受験資格はマルチメディア検定にはなく、いきなりエキスパートを受験しても問題ありません。
難易度をしっかり考慮しながら、マルチメディア検定の勉強方法を考え、きちんと取り組んでいかなくてはなりません。
ベーシック、エキスパートと共にマルチメディア検定は10問出題され、難易度の比較的低いベーシックは70分です。
マルチメディアの社会に関する幅広い知識と技能を評価するのがマルチメディア検定なので、難易度は高いのです。

マルチメディア検定の難易度は数字で見ると、合否ラインはだいたい7割程度となっています。
難易度の高いマルチメディア検定のエキスパートは、90分の試験時間になり、解答形式はマークシートが基本です。
マルチメディア検定は、専門的な知識ではなく、コンピュータや周辺機器、インターネット、デジタルコンテンツ総合の知識が求められます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.