FC2ブログ

マルチメディア検定の級 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

マルチメディア検定の級

マルチメディア検定の受験は、級に関係なく、財団法人画像情報教育振興協会に受験の出願をします。
今現在、マルチメディア検定は、ベーシックとエキスパートに分かれていて、明確な級
分けというのはありません。
そのため、マルチメディア検定は、級に特化したものではなく、体系的に学習して行く必要があります。
従来のマルチメディア検定の3級は、デジタルコミュニケーションに関する基礎的な用語理解が求められました。

マルチメディア検定は級のレベルが高くなるに従い、制作や開発においてスタッフを指揮できる能力が問われます。
コンテンツ制作に伴う知的所有権などを法律的に理解する必要が、2級のマルチメディア検定で求められます。
また、2級のマルチメディア検定は、マルチメディアに使用するシステムを目的に応じて選択して活用できる必要があります。

マルチメディア検定の2級は、マルチメディアについての全般的な知識を、コンテンツ制作やWebサイト構築で活用できないといけません。
マルチメディア全般に関する社会動向や法律についての理解もマルチメディア検定では求められます。
要するに、3級のマルチメディア検定は、簡単なWebページやプレゼンテーション資料が作成できることにあります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.