FC2ブログ

マルチメディア検定の内容 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

マルチメディア検定の内容

以前はマルチメディア検定の場合、3級、2級と呼んでいたのですが、今では3級をベーシック、2級をエキスパートと呼びます。
家庭のマルチメディア化、基礎的なインターネットサービスなどをマルチメディア検定で試験します。
ITやマルチメディアに関する知識の理解度を問うのが、マルチメディア検定の内容と言えます。

マルチメディア検定のエキスパートの内容は難しく、インターネットの応用やWebサイトの構築と運用が求められます。
毎年7月と11月に実施されるマルチメディア検定は、内容が幅広いので、しっかり勉強しなければなりません。
財団法人画像情報教育振興協会が行う検定試験が、マルチメディア検定であり、コンピュータやその周辺機器に関する内容が問われます。
しかし、気になるのが、マルチメディア検定の内容で、ベーシックは、ビジネスや生活の場でのITやマルチメディアの基礎知識が問われます。
ネットを活用したコミュニケーション技術の基礎知識などの内容がマルチメディア検定で問われます。
Webサイト構築やプログラミングなどの専門知識が求められるので、マルチメディア検定の内容は盛りだくさんです。

マルチメディア検定は、ベーシックとエキスパートの2つがあり、それぞれに内容が異なります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.