FC2ブログ

退職推奨される理由 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

退職推奨される理由

不況などの理由以外に、単に従業員の態度が気に入らないから退職推奨をするケースもあり、その点は十分、気をつけなければなりません。

退職推奨は、使用者からあまりにしつこく続く場合は、不当な行為として、労働基準監督署に相談することです。
また、対象者を選定する理由が、男女雇用機会均等法や労働基準法に反したものであると、退職推奨はすぐさま違法と判断されます。

退職推奨をするにあたっては、それ相当の理由が必要で、理由がないと、公序良俗違反とみなされるケースもあります。
そして、実際、退職推奨に応じるかどうかというのは、労働者の自由な判断に任せなければなりません。
これらの規定に違反して退職推奨をした場合は、その理由を問わず、退職強要とみなされることがあります。
その上で、会社がきちんと理由を説明し、退職金の増額などの優遇措置があった時に、退職推奨を検討すればいいのです。
企業の業績悪化や、人員削減する必要に迫られているという理由がないと、退職推奨をすることはできません。
使用者からの契約解除の申し込みに過ぎないのが退職推奨なので、法的強制力はまったくないわけです。
また、従業員が退職推奨に応じないと、社内で嫌がらせなどをするケースもあるので、要注意です。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.