FC2ブログ

海外青年協力隊と国内の就職事情 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

海外青年協力隊と国内の就職事情

確かに、帰国後すぐに就職が見つからなくても、取り敢えず困らないだけの制度は設けられているのですが、そんなもの、はっきり言って宛てにはならない。
従って、2年間という任期は非常に長く、大半の方は一旦勤務先を離職し、参加されるという形になるんですね。

海外青年協力隊は満20歳から応募出来成すから、就職難が騒がれる昨今、卒業と同時に参加しようと考える若者も増えつつあります。
そして、帰国後の就職も考慮しておく必要がある訳で、それらを含め、海外青年協力隊についての知識と認識を関連のブログやサイトを参考に高めていただきたいものですね。
それに、最長でも3年という任期の規定もあって、一生それで暮らせるというものでもないでしょう。
と、私たち一般人はそう思うのですが、残念ながら、日本ではまだまだ海外青年協力隊の経験を買ってくれる企業が少ないという現実があります。
とは言っても、今のご時世、すぐさま就職先が見つかるとは限っていませんからね、ある程度お金を貯めてから海外青年協力隊に参加される賢明な方も増えています。
むしろ、一旦苦労して就職してしまうと、中々その仕事を手放せないという部分も否めませんから、いっその事卒業と同時にというのも一つの考え方なのでしょう。
ですが、海外青年協力隊は、完全無給のボランティアですから、そこで稼いでお金を貯めるなんていうのは夢また夢。
そうしたところは当然狭き門ですし、関係団体や財団等への就職も同様です。
確かに、実務経験を必要としない部門の海外青年協力隊員であれば、無理に一旦就職してからわざわざ離職して参加する必要性もないだろうとも思えます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.