FC2ブログ

帰国子女とは - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

帰国子女とは

海外生活の始期についても、帰国子女は色々で、保護者の赴任先で生まれたケースや幼少時に海外に移転する場合もあります。
男子校では、帰国子女ではなく、帰国子弟という呼び方もあり、必ずしも言い方が決まっているわけではありません。

帰国子女は、現地校に通う場合、日本人学校に通う場合、インターナショナルスクールに通う場合など、様々です。
日本と外国の両方を子供の頃に比較した経験がある帰国子女は、日本への愛国心も芽生えると言います。
保護者の海外赴任などにより、帰国子女は、短い場合は1、2年のこともあり、長い場合、15~20年の場合もあります。

帰国子女は、両親の国外勤務などにより、本人の意思以外の止むを得ない理由で、国外での長期滞在生活を強いられます。
最大の帰国子女の特徴は、若齢期の価値観が未完成の段階において、外国に渡っている点です。
基本的に、帰国子女は、小学校高学年、中学校、高校など日本である程度の期間を過ごしてから海外に移転する場合が多いです。
日本人とは異なる生活スタイルを身につけているのが帰国子女で、判断基準や価値基準に異質のものがあります。
程度は様々ですが、帰国子女の場合、滞在国の言語に優れているなどのメリットもあります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.