FC2ブログ

帰国子女と外資系 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

帰国子女と外資系

基本的には、帰国子女ということだけで、外資系に学力試験というものはなく、面接が重視されます。
新卒なら、トレーニーで帰国子女は外資系に大量採用され、1年で1割残りが本採用となるのが通常です。
さすがに帰国子女の場合、優れた英語力がものを言い、面接をした外国人は他の就活のあまりの英語の出来なさにうんざりします。
とりわけ発音に関しては、日本人英語と比較すると、帰国子女の場合、雲泥の差があります。

帰国子女であれば、ハードルの高い外資系でも、スムーズに就職しやすいのですが、それだけで有頂天になってはいけません。
実際、帰国子女がいくら英語ができたとしても、外資系に務めて仕事が出来るのかどうかは全く別問題です。
気になるのが、帰国子女が日本の外資系に中途就職する場合、学力試験などはしっかりあるのかどうかです。
外資系金融機関では、面接は英語で行われるのですが、帰国子女はいとも簡単に外国人との面接をパスします。

帰国子女が外資系に採用されやすいのは、英語力に非常に秀でているからで、採用率がぐっと上がります。
なんといっても帰国子女の強みは英語が出来ることで、レベルは、ネイティブ並みという表現が相応しいです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.