FC2ブログ

帰国子女の履歴書 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

帰国子女の履歴書

もっとも、帰国子女の履歴書は、高校卒業から始めても特に問題はなく、後はスペースとの相談になります。
要するに、帰国子女の履歴書の場合、例えば、California Institute of Technologyではなく、カリフォルニア工科大学となります。
履歴書を書く場合、帰国子女は、学歴として、中学卒業、高等学校入学、卒業から大学の学部学科、卒業見込みまできちんと記載しなければいけません。
但し、高等部卒業が18歳でない場合は、帰国子女の履歴書に、その旨をきちんと書いておいた方が良いでしょう。

帰国子女の履歴書は、日本で使う履歴書の場合、Instituteより、高等学校とか、学園など日本語で書いた方が無難です。
書式が決まっているので、帰国子女は履歴書を作る際、記入する各フィールドの内容が分かれば、埋めることは可能です。
帰国子女が履歴書を作成する時は、英語に強みがあるので、多言語能力があることを強調することを忘れないことです。
ビジネスのグルーバル化が進む中、帰国子女の能力を必要とする会社は多いので、どんどん履歴書を作っていきましょう。
とりあえず、帰国子女は履歴書を自身の力で完成させ、それを日本人の友人にチェックしてもらうといいでしょう。帰国子女が就職する場合、最も懸念されるのが履歴書の書き方で、幼稚園から小学校まできっちり記載しないといけません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.