FC2ブログ

国選弁護人に関する制度 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

国選弁護人に関する制度

国選弁護人という言葉は最近になってだいぶ知られるようになってきたかもしれませんね。
この国選弁護人に関する制度は憲法に則った制度で最近はこの名前もよく知られるようになったことでしょう。
弁護士の制度は一つだと思っていた人は国選弁護人について調べてみてくださいね。
国選弁護人や私選弁護士の違いについて知ればニュースを見るのがもっと興味深くなるかもしれませんよ。
簡単に言うと、起訴前と起訴後の2種類があり、それぞれ被告人国選弁護人と被疑者国選弁護人と呼ばれるようです。
さらに、被疑者や被告人の資産がどれだけあるかも国選弁護人を依頼するかどうかに関係するようですよ。

国選弁護人制度は憲法に則り、刑事被告人を守る制度でもあると聞いたことがあります。
普通に個人で弁護士に依頼する場合はもちろん国選弁護人ではなく、私選弁護士ということになりますよね。
今までは弁護士と聞くとそれ以外に何もないと思っていた人は多いかもしれませんが、最近は国選弁護人と私選弁護士という分け方がされているようです。
私は中国に住んでいるのですが、国選弁護人などの制度について聞くと日本は本当に先進国だなと思います。
国選弁護人は私選弁護士に比べてランクが上だと考えている人も多いかもしれませんね。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.