FC2ブログ

国選弁護人の解任 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

国選弁護人の解任

国選弁護人という弁護士について最近よく聞くようになったと感じている人は多いかもしれませんね。
そもそも国選弁護人というのは憲法に則り、刑事裁判において刑事被告を助けるためにあるようですね。
しかし、国選弁護人と私選弁護士とでは違いがあると感じている人は多いようですね。
その違いには費用が含まれるかもしれませんが、それよりも大きな違いがあるようです。

国選弁護人へのそのようなイメージがあるのは私選弁護士に比べて給料が低いということがあげられるのでしょうか。
もしも国選弁護人が裁判に出頭しないとなると、裁判所側は解任するしかないかもしれませんね。
その国選弁護人を解任し、別の弁護士を任命するしか方法がなくなるということでしょうか。
しかし、被告人が国選弁護人との話し合いに応じなかったり、辞任届を提出する場合はどうでしょうか。
国選弁護人についてもっと詳しく知りたいという人はインターネット上のサイトやブログで調べてみてくださいね。
国選弁護人に依頼する場合の費用などについても調べてみるととても面白いと思いますよ。
でも、もしもそのような理由で国選弁護人が手を抜くとしたら解任されるべきだと思う人が多いのではないでしょうか。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.