FC2ブログ

国選弁護人に無免許運転事件 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

国選弁護人に無免許運転事件

国が選出するということですから、被告人自身が国選弁護人を選ぶことはできないようです。
例えば、若い人が無免許運転で交通事故を起こし、加害者になってしまった場合国選弁護人が必要となるかもしれません。
その場合は、国選弁護人という制度によって国が弁護士を選出してくれるというわけなのです。
しかし、刑事被告人は必ず国選弁護人を選ばなければならないというわけではないようです。
無免許運転をしているという時点で国選弁護人でも私選弁護士でも勝つのは難しそうですよね。
簡単に説明すると、国選弁護人とは憲法に則り、刑事裁判において刑事被告人の弁護にあたる弁護人を国が選出するというもののようです。国選弁護人という弁護士と私選弁護士という弁護士の間にはどのような違いがあるのでしょうか。
このような国選弁護人の制度を考えると日本は本当にいろいろな法律の面で先進国であるなと感じます。

国選弁護人を依頼する場合、いろいろな条件があるようですが、一つに被告人の資力が乏しいということがあるかもしれません。

国選弁護人を国が選出してくれるかどうかはその事件の重大性も関係してくるようですよ。
というのも、若く資力もなく、私選弁護士を雇うほどの資力がないかもしれないからです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.