FC2ブログ

自営業者の個人年金 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

自営業者の個人年金

サービス業では、格安チェーン店の進出などに押され、個人の自営業者は、苦戦を強いられているのが現状で、これからも状況が良くなる要素は見あたらない。
「コスト 削減」にも限界があるし、「人員削減」といっても、元々最少人数で経営している自営業者が殆どであり、厳しい状況は変わらない。
個人のサービス業や小売り業の自営業者は、近所にディスカウントのチェーン店などができれば、顧客を奪われ、たちまち窮地に陥る。
決まった月収のない、個人経営の自営業者は、不況の波に晒されると非常に弱く、自己防衛のためにも、個人年金などに加入して備えるのだ。
このままでは、不振にあえぐ自営業者は、公的年金さえも払えないかも知れない。
個人年金は将来性を考えて、加入しておいた方が良いが、自営業者は、それすらままならないほど、追い込まれている。
退職金がない自営業者は、個人個人で、老後の設計をしなければならない。
自営業者本人の努力は当然としても、国や市町村の対策も、本腰を入れてもらいたいと思っているのは、私だけではあるまい。自営業者のご家庭では、退職金代わりに個人年金に入っている方は多いだろう。
不況が続く日本だが、自営業者だけでなく、あらゆる業種の人が、個人年金で老後に備えていると聞くが、それだけ今後の行方に、不安を抱いていると言うことに他ならない。
底の見えない不況、無策の政治家、激安店の進出と、自営業者を苦しめる敵はあまりにも多い。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.