FC2ブログ

不動産の仲介とは - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

不動産の仲介とは

その他にも様々な手続きを不動産の仲介を担当する人がしてくれるのです。
購入にあたっても不動産の仲介をしっかりとして取引してくれなければ、中々決断できません。
不動産の仲介は、売主と業者とが宅地建物取引業法によって媒介契約を結びます。
そういう意味で不動産の仲介が果たす役割は非常に大きいと言えます。
不動産の仲介において、媒介契約には三種類があり、それぞれ内容が違います。
1週間に1回以上は不動産の仲介業者が売主に売却活動の進み具合を報告しなければなりません。
また売り出しの広告を出したい時も、不動産の仲介業者がしてくれます。
専属専任媒介契約は、不動産の仲介を不動産会社1社にのみ依頼するものです。
そしてそれらの手続きの報酬として、不動産の仲介手数料を支払います。
そして不動産の仲介業者が売主に売却活動の状況を報告する義務はありません。

不動産の仲介を不動産会社1社にのみ依頼するのは専任媒介契約です。
不動産の仲介では、素人が持っている不動産を売却する場合に、業者が、その代わりに行ってくれます。
一般媒介契約については、複数の不動産会社に不動産の仲介を依頼できる契約です。
不動産の売却を考える際には、不動産の仲介はとても重要で慎重に行わなければなりません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.