FC2ブログ

不動産の仲介手数料 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

不動産の仲介手数料

不動産の仲介業者が、場合によって間に数社入るケースもありますが、不動産の仲介手数料の金額は変わりません。
また土地の売主と直接売買交渉を行う場合には、不動産の仲介手数料はかかりませんが、その代わりに全て自分の責任で行わなければなりません。不動産の仲介を業者にしてもらうには、不動産の仲介手数料が必ず必要になります。
要するに最終的に契約が成立するまでは不動産の仲介手数料は必要ないのです。
依頼者が高額な不動産の仲介手数料を請求されないように法律で保護しています。
土地の売買や交換での不動産の仲介の場合は、不動産の仲介手数料は、200万円以下の場合には、取引価格の5パーセントになります。
不動産の仲介手数料を行う業者には、土地の売主の所有者が正規の所有者であるかの確認や土地の売買価格の交渉をしなければなりません。
従って消費税がかかりますが、土地そのものの売買には消費税はかからないようになっています。
法律で厳密に不動産の仲介手数料の価格が規定されているのです。
売却の依頼や土地の購入の依頼をしただけでは不動産の仲介手数料は支払う必要がありません。
不動産の仲介手数料というのは、サービスの対価として要求するものです。
そしてもし重要事項説明書の内容に問題が発覚した場合には、不動産の仲介業者が損害賠償責任を負わされます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.