FC2ブログ

不動産の仲介と宅建業法 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

不動産の仲介と宅建業法

そして不動産業者が依頼者から受け取れる不動産の仲介手数料は宅建業法で定められています。
宅建業法では、不動産の仲介にあたって、重要事項の説明というものがあります。
そして、宅地の造成やビルの管理についても、不動産の仲介の宅建業法には該当しません。

不動産の仲介の宅建業法における手数料は、取引の形態が媒介の場合には、分譲や賃貸にかかわらず必要となる費用です。
一般的には不動産の仲介手数料は、物件価格の3%+6万円が相場です。
すなわち、不動産の仲介手数料の支払の上限額を決めた宅建業法と言えるでしょう。
不動産の仲介で、代理と媒介の違うところは、代理の場合は宅建業法によって宅建業者が本人に代わって契約を結びます。

不動産の仲介の宅建業法においては、売買や交換の場合の手数料の金額が、物件の値段によって大きく変わってきます。
例えば、200万円以下の金額だと100分の5.25%の不動産の仲介手数料になります。
従って不動産の仲介である代理も媒介も、宅建業者が自ら契約の当事者になるわけではありません。
不動産の仲介はこのように宅建業法と密接なつながりをもっています。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.