FC2ブログ

扶養範囲とは - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

扶養範囲とは

扶養範囲とは、まさしく扶養される範囲のことを指しますが、この範囲には基本的に2種類あります。
いわゆる健康保険の扶養範囲があり、この扶養を被扶養者して、対象は、被保険者によって生計を維持されている配偶者、親、子などになります。

扶養範囲については、会社では、3/4以上の働き方が求められ、130万円に満たなくても、自分で社会保険に加入しなくてはならないこともあります。
しかし、扶養範囲がたとえ130万円でも、会社が社会保険に加入させる条件は、金額ではなく労働時間になります。

扶養範囲には、税金安くなるという特典があるということになり、それなりのメリットがあるわけです。
そして、この場合の扶養範囲の被扶養者になるには、その人の年間収入が130万円未満であるという条件があります。
また、親に養ってもらっている子どもなどの扶養範囲については、健康保険料を払わなくて良いです。
103万円の扶養範囲については、これは、税法上、同じ世帯で、年間所得が38万円以下の人が対象になります。
年金については、サラリーマンの配偶者は扶養範囲であれば、かなり優遇されている形になります。
また、パート、アルバイトなどの扶養範囲は、給与所得に該当するので、給与所得には給与所得控除額があります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.