FC2ブログ

パートで働く場合の扶養範囲 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

パートで働く場合の扶養範囲

その差の50万円くらいを低賃金のパートで稼ごうとすると、かなりの労働時間が必要になるので、賢く扶養範囲に留めておくほうが賢明です。
家計の収入がプラスになる金額は、160万円以上だと言われているので、扶養範囲については、よく考える必要があります。

扶養範囲については、パートの収入がまず、103万円を超えてしまうとどうなるかを知る必要があります。
一般的に、本来の扶養範囲のパートの収入は、健康保険の被扶養者となる130万円未満のことを指します。
ただ、夫の会社から支給されている配偶者の扶養範囲は、103万円以下となっているので、103万円以下で収入を抑えておく必要があるのです。扶養範囲というと、パートで働くときによく用いられますが、通常のパートでは、一週間の労働時間が35時間未満の時に該当します。
つまり、扶養範囲の境界線ぎりぎりの人は、家計収入が減少してしまうということが危惧されます。

扶養範囲を超えたパート収入で、家計がプラスに転じるのは160万円以上の稼ぎが必要になります。
パートの収入が扶養範囲におさまらない場合は、配偶者手当が減り、社会保険料を負担しなければならなくなります。
103万円を超えるデメリットを考慮して、扶養範囲でパートとして働く方が賢いということです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.