FC2ブログ

健康保険における扶養範囲 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

健康保険における扶養範囲

つまり、扶養範囲に入れることで、入れた人が、課税所得が軽減されるので、税金の負担が軽減されます。
健康保険における扶養範囲というのは、まず、後期高齢者医療の被保険者である人は、除外されます。
税法上と健康保険の扶養範囲には違いがあるので、その辺はよく確認しておかなくてはなりません。
また、被保険者の配偶者で届出をしていないけど、事実上婚姻関係と同様の事情にある人も扶養範囲に該当します。

扶養範囲で、健康保険について該当するには、扶養家族になるための、様々な要件を満たしていなければなりません。
そして、被保険者の三親等内の親族で、被保険者と同一の世帯に属し、被保険者により生計を維持される人も扶養範囲に入ります。
収入については、扶養範囲に関しては、1月1日から12月31日でカウントすることになります。
税務上の扶養範囲については、健康保険とは異なり、1月1日から12月31日の給与収入が103万円以下であればOKです。
この場合の扶養範囲は、共働きの夫婦で二人の子供がいれば、一人ずつを扶養家族とすることができます。
月収換算すると、扶養範囲になるための額は、10万8千円になり、それを超えると扶養家族からはずれます。

扶養範囲の収入計算については、奥さんが11月1日から就職して給与が月額50万でも、その年は扶養家族になることができます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.