FC2ブログ

インターネット収入と税金 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

インターネット収入と税金

インターネット収入が本業の収入となっている場合、基礎控除の範囲(所得税38万円、住民税35万円以下)であれば申告はしなくても大丈夫です。
インターネット収入も、最近はアフィリエイトなどでかなり高額の収入を得る人が増えてきています。
「インターネット収入って税金がかかるの?」と思われる人もいるかもしれませんが、インターネット収入でも税金はかかります。
これから副業でインターネット収入を得たいと考えている人は、税金のシステムを知っておいて間違いはありません。
サラリーマンの場合、20万円までの収入(インターネット収入含む)がある場合は申告する必要はありませんが、それを超える場合はきちんと申告しましょう。
クリアにお金を稼ぐことができる様に、税金の申告はきちんとやっていきたいものですね。
しかし、働けばついて回るのが「税金問題」です。

インターネット収入を含めた「収入」すべてに言えることですが、収入が大きくなれば大きくなるほど税金は高くなります。
特に近年は不景気が叫ばれていますので、「インターネット収入を得て少しでも減ったお給料の補填をしたい」と思っている人も増えてきている様ですね。
性格に言うと、インターネット収入で収入を得る場合「税金がかかる場合とかからない場合」があります。
インターネット収入・他収入関係なく、「収入」の部分がプラスになるのであれば、税金を支払う必要が出てきます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.