FC2ブログ

扶養範囲と通勤費 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

扶養範囲と通勤費

税法上、社会保険上、それぞれ扶養範囲については要件がありますが、気をつけなければならないのは、通勤に要する通勤費です。
ただ、たくさんパートで200万円、300万円と稼いでいる人にとっては扶養範囲にはなれません。

扶養範囲になるには、決められた収入の額を超えないようにして、その額を調整しなければなりません。
これは.税法上の扶養範囲であり、社会保険上になるとその額は変わり、130万円未満でなければなりません。

扶養範囲で、社会保険上の通勤費については、通勤手当という位置づけになるので、それは収入に含まれます。
なぜなら、扶養範囲においては、税法上の通勤費は、実費必要経費の位置づけになり、所得ではないという考えがあるからです。
しかし、これらの扶養範囲における通勤費の扱いについては、それぞれの保険組合によって見解が多少違います。
いずれにせよ、扶養範囲で働きたいと考えているなら、通勤費も含めて、その範囲の枠を超えないようにしなければなりません。
結果的に扶養範囲を超えてしまうと、旦那の税金が増えてしまうことになり、元も子もなくなります。
つまり、扶養範囲を堅持するには、それなりの対策が必要で、その限度所得は、103万円以下となります。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.