FC2ブログ

扶養範囲と労働時間 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

扶養範囲と労働時間

果たして一日5時間、週5日働くことで、扶養範囲として認定されるのかどうかが気になるところです。
つまり、扶養範囲と一口に言っても、所得税法上の控除対象配偶者と健康保健上では違いがあるのです。
この場合、給与収入にすると103万になり、それを超えなければ時間に関係なく扶養範囲に入ることができます。
年収が103万を超えていなければ、税金での扶養範囲でいることはできますが、この場合、時間調整が大事です。
つまり、年収130万以上になると扶養範囲には該当しなくなり、主人の扶養に入ることはできません。

扶養範囲に入ることができなくなると、国保、国民年金に加入しなければならないくなります。
一日5時間、週5日でも、月の収入が10万8334円以上になると、健康保険の扶養範囲を超えてしまいます。
ただし、1日の所定労働時間と1ヶ月の所定労働日数が、一般労働者の3/4以上である場合は、扶養範囲に入ることができません。
それに大体、残業時間を追加すると、110時間くらいが、扶養範囲内で働く1カ月の時間になります。
扶養親族と認められる収入の範囲は、それぞれ異なり、その要件に該当しないと、扶養範囲に入ることはできません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.