FC2ブログ

扶養範囲で働く人の年末調整 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

扶養範囲で働く人の年末調整

扶養控除申告書と年末調整の申請を一緒に考えてはダメで、扶養範囲の人は、その点に留意しなければいけません。

扶養範囲の年末調整については、会社に任せておくのが一番で、事務処理をきちんとしてくれます。
つまり、年末調整を提出しないと、扶養範囲で実際に働いていることを、管轄税務署が知ることはできません。
ただ、年末調整をするとなると、自分で税務事務所に必要書類を書いて提出しないといけないので、扶養範囲の人は面倒だと言う人がいます。
もちろん、年間収入によっては住民税の請求は市町村からきますが、扶養範囲の年末調整は普通会社がやります。

扶養範囲に入っている人は、自分で年末調整しなくても、まともな会社なら、翌年の1月31日までに市町村に提出します。
ただ、自分で確定申告するというのは面倒なので、扶養範囲の年末調整は、会社に任せておけばいいのです。
年末調整しないなら、扶養範囲の人は、本来は自分で確定申告をしなくてはならなくなります。
その年の年収が間違っていないかをチェックするのが年末調整で、扶養範囲の人でもそれはする義務があります。
ただ、会社がやってくれるところなら、扶養範囲の年末調整は会社に任せるべきでしょう。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.