FC2ブログ

扶養範囲と年金 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

扶養範囲と年金

ただ、健康保険と厚生年金に加入することになると、150万円まで年収を増やさないといけないので、やはり扶養範囲のメリットは大きいです。
つまり、扶養範囲になれば、厚生年金の被扶養配偶者となって、保険料を納める必要がなくなるわけです。
年金の保険料はかなり高く、健康保険と同様に負担が大きいので、扶養範囲に入るように、上手く収入を調整する必要があります。
今、健康保険と厚生年金の加入基準の見直しが行われていますが、扶養範囲の範囲がどうやら
年金受給者の扶養範囲は色々で、扶養には、健康保険の扶養と税扶養があるので、注意が必要です。
現在の月収が約10万8千円以下であれば、扶養範囲に入ることができ、被扶養配偶者になれます。
しかし、年金に加入すれば、将来の年金額が増えるので、扶養範囲から外れることは、一概に損とも言えません。
それぞれの会社では、扶養範囲が定められていて、中には、家族手当が支給されている場合もあります。

扶養範囲をとるか家族手当を取るかは、考え方次第で、この金額以上働くかどうかということになります。
健康保険の扶養範囲は、年間の年金額が180万円以内という要件があり、年金額が180万円未満なら扶養にすることができます。扶養範囲というのは、社会保険上では、年収が130万円未満であれば、厚生年金の被扶養配偶者となることができます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.