FC2ブログ

パートタイム労働者の税金 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

パートタイム労働者の税金

また、生命保険料控除が適用されれば、パートタイム労働者の年収が100万円以上あっても、所得税や住民税といった税金を納める必要がない場合があります。
ですからパートタイム労働者として働いている主婦にとって、年収と税金は大変気になるポイントだと思います。

パートタイム労働者で、所得税も住民税も払う税金を抑えたいと考える方は、年収を100万円以下に抑える必要があるでしょう。
そしてパートタイム労働者の年収が100万円以下なら、住民税という税金も納める必要がないのだとか。
ですから、年間で生命保険料を10万円払っているパートタイム労働者の方は、年収が105万円あっても年収100万円とみなされます。
私の周囲では年末になるとパートタイム労働者の税金についての話題が取り上げられ、大変な盛り上がりをみせます。
保険の契約の仕方に注目しないと控除が受けられなくなり、パートタイム労働者の方は所得税や住民税といった税金を納める必要が出てくるでしょう。パートタイム労働者の税金が気になるという主婦は、大変多いと思います。
パートタイム労働者に関する情報が、インターネット上にたくさん寄せられています。
生命保険料控除は、自分が契約者になって支払っている保険料をパートタイム労働者の年収から控除できるというものです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.