FC2ブログ

金融庁の業務の改善命令 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

金融庁の業務の改善命令

金融庁は業務の改善委員会の設置や「ISOの取得」、「コスト 削減」や「経理の精査」などで徹底的に経営改善を要求していく。
金融庁は業務の改善の手法として有効とみれば、「経理の精査」や「委員会の設置」なども検討するだろう。

金融庁の業務の改善 命令に関しては、ネットでの検索も可能のようだ。
「コスト 削減」は即「人員削減」にもつながる業務の改善なので、失業者が数多く出ることによる社会性の失墜もはらんでいる。
特にメガバンクやトヨタなどの場合、社会に与えるショックは計り知れないので、早急に業務の改善されることが望まれる。
経済は日本だけではなく、世界的に後退しているのが現状で、業務の改善は各国とも急務だ。    
もはやどんな大企業が、金融庁の業務の改善命令を受けても不思議はないし、業績が悪化し、社会に波及する影響が多ければ、行政が介入し改善命令を出す。
業務の改善とは無縁のように思われるトヨタでさえ、アメリカに端を発する世界的不況のあおりを受けて、業績不振の現状であるから、他の自動車メーカーでは尚更であろう。
過去の金融庁による業務の改善の例などが乗っているサイトがあるので、閲覧してみても良いかもしれない。
金融庁に業務の改善命令を迫られている企業としては、「グッドウィル」や「フルキャスト」 、「損保 ジャパン」などが挙げられる。
各社ともテレビや雑誌などでお馴染みの企業で、そんな安定しているように見える企業が、業務の改善命令を通達される時代である。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.