FC2ブログ

広宣費の成功する割合 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

広宣費の成功する割合

この場合、多数というのは不特定を対象にしていなければならず、特定の相手に対してかける宣伝は広宣費となりません。
特定の相手にかける費用は、広宣費という呼ばれ方はされずに、交際費という呼び方になると思います。
どちらも自社をPRするという意味合いは、少なからず入っていると思うのですが、広宣費との線引きは難しいものですね。
広宣費が絶対に必要な企業はモチロンありますが、逆に宣伝をしなくても良いという会社もあります。
広宣費が二番目に多い業種は、化粧品業界で、その割合は、およそ10%となっていますね。
これは、広宣費を多くかけた方が良いという意味ではなく、あくまでも割合という事で見ていってもらえればと思います。
企業の性質によって、広宣費のかけかたも異なってくるのでしょうから、割合によってその企業の特色が見えてくるかもしれません。
これも、全体の広宣費の割合からすれば、かなり高い数値となっており、宣伝で得られる効果の高さが発揮されているのでしょう。
飲料業界の割合はおよそ5%で、流通業界の割合は、およそ1%から3%、金融業界では1%から5%と、全体としてみれば低い広宣費の割合です。
ネットのサイトやブログに掲載されている広宣費の金額は、何かと参考にできるのではないかと思います。
しかし広宣費の年度別ランキングを見てもらえれば分かるとおり、並んでいるのは自動車業界が多いです。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.