FC2ブログ

司法書士の求人を利用する弁護士 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

司法書士の求人を利用する弁護士

そして、司法書士の求人の仕事内容を見てみると、訴訟代理などを専門におこなう事務所もあります。
司法書士の求人で求められる仕事には、不動産登記、商業登記、書類作成業務、訴訟代理などがあります。
そうしたことから、司法書士の求人で働く場には、弁護士も一緒に務める場合も多いのです。
2008年現在、約2万人の弁護士がいて、司法書士の求人では、弁護士を採用するケースが増えてきています。
このように非常に厳しい時代を迎えつつあるので、今までと同じような心構えでは司法書士の求人での就職は難しくなってきています。
やはり、そう考えると司法書士は、司法書士の求人に応えられるよう、弁護士のように訴訟を行える認定司法書士になる必要があります。
認定司法書士でなければ、司法書士の求人では、弁護士に依頼するしかなくなるケースもあるのです。
訴訟代理の仕事が必然的に多くなる場合は、司法書士の求人では、不動産登記や商業登記などの業務はあまり発生しません。
そうした中、就職ができない弁護士を救済しようとする向きが司法書士の求人にはあるのです。
法律事務所での勤務の場合、訴訟代理が主な仕事になるので、そうした仕事を求める司法書士の求人が望まれます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.