FC2ブログ

自営業の結婚問題と経営 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

自営業の結婚問題と経営

忍耐の時代は続くが、「春が来ない冬はない」のと同じように、自営業の結婚も必ず実るはずなのだ。
格安チェーン店の進出などに押され、個人の自営業者は辛酸をなめているが、特にサービス業の低迷が顕著らしい。
もはや、瀕死の状態といっても過言ではない自営業だが、結婚問題以外にも、後継者問題や地域の過疎化など、課題は山積している。
結婚問題は、なにも自営業者だけが苦慮している訳ではないが、様々な難問が複合しているという点で、憂慮すべき業界になってしまっているのだ。
個人の自営業の後継者は、現オーナーである「親」と、同居の場合が多いだろうから、その辺も婚期が遅れる要素にはなっているだろう。
長い不況下だが、自営業だけでなく、複合的に混迷を極める日本であるから、悲観的にならざるを得ないが、希望は失ってはいけない。
実際、個人経営の自営業者は、晩婚が多いと言われて久しいが、女性の側からすれば理解できる。
関連のサイトには、各種自営業の結婚、婚活対策など、参考になる情報が満載されていることだろう。
只でさえ嫁の来てが乏しい自営業の世界なのに、経済面でも苦労しなければならないとすれば、さらに難航してしまうのは、自明の理だ。
これでは、自営業を継がない子供が増えても、致し方ない。
しかし、だからといって自営業の経営者に、「諦めろ」と言う権利は誰にも無いし、諦めてはいけないと声を大にして言いたい。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.