FC2ブログ

中小企業診断士の難易度 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中小企業診断士の難易度

中小企業診断士というのは、国家資格の中でも難易度は高く、10段階レベルで7くらいとされています。
難易度が高い理由は、中小企業診断士の試験は出題範囲が膨大で、1次試験と2次試験の2回の試験を受けなければならないからです。

中小企業診断士は、難易度は高いですが、地道に勉強していけば、確実に合格できる資格です。
こうしてみると、中小企業診断士の資格は、第1次試験、第2次試験共に5~6人に1人合格する試験と言えます。
難易度が8や9になる資格ではないのが中小企業診断士で、試験対策としては、この試験の制度を上手く利用することです。
気になるのが中小企業診断士の合格率ですが、年によって多少の差はありますが、第1次試験が15%~20%、第2次試験が10%~20%です。
色んな資格サイトを見ていくと、中小企業診断士の難易度の位置付けは高く、2番目くらいになっています。
ただ、中小企業診断士の合格率をみると、やはり、難易度の高い試験であることは否めません。
学習しようとする場合、中小企業診断士は、かなりのボリュームの学習量が必要になにってきます。
そうしたことから、中小企業診断士になるには、かなりの勉強をしなければならず、その範囲は膨大です。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.