FC2ブログ

中小企業診断士の独立 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中小企業診断士の独立

中小企業診断士になって独立している人はどのくらいいるかというと、大体、3割弱と発表されています。
一般的に大企業に勤務する中小企業診断士が多いので、独立すると、年収が下がるケースが多いのです。
専門知識を活かしていくのが中小企業診断士ですが、経営状態や財務状態を分析するだけが仕事ではありません。

中小企業診断士になる動機とてしは、経営全般の勉強などの自己啓発のため、あるいはスキルアップを図るというものが圧倒的です。
弁護士、税理士、不動産鑑定士などと比べると、中小企業診断士は、独立して仕事をする人は少ないです。
現在の職場に満足していて、中小企業診断士として独立すると、年収が低下するのを恐れる傾向もあります。
なぜなら、中小企業診断士自体、ビジネスパーソンとしての資質向上に直結するものであるからです。
そのため、地域の振興に役立とうとして、積極的に独立を試みる中小企業診断士も中にはいます。
独立開業している中小企業診断士の割合はあまり多くなく、企業内で資格を取得した者がそのまま企業に留まることが多いからです。
逆に言えば、コンサルタント能力に長けていれば、中小企業診断士の仕事は十分にやっていけるとも言えます。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.