FC2ブログ

中小企業診断士の受験科目 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中小企業診断士の受験科目

試験制度を上手く利用すれば、中小企業診断士の場合、受験の負担を減らすことが可能です。
そして、中小企業診断士の二次試験の科目には、中小企業の診断及び助言に関する実務の事例があります。
また、一部の中小企業診断士の科目に合格した人、科目合格として、翌年度及び翌々年度の試験で、合格した科目が免除されます。
出題範囲、専門知識の深さ、合格率を見れば、中小企業診断士の科目免除は、適切と言えるかもしれません。
これは、科目合格を配慮したもので、中小企業診断士になるために、できるだけ負担をかけないようにした措置です。
要するに、中小企業診断士の場合、科目免除があり、司法書士試験のように一気に合格しなければならないことはないのです。
もちろん、合格実績のある学校でしっかり勉強すれば、中小企業診断士に一発合格することは可能です。
他にも組織実務の事例、マーケティング流通実務事例、生産、技術実務事例などが中小企業診断士の科目にあります。

中小企業診断士の試験は、3年以内に7科目すべて合格すれば、1次試験合格者と認定されます。

中小企業診断士になるには、科目も多いので、本屋にある本や問題集だけでは、到底合格することはできません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.