FC2ブログ

中小企業診断士の登録 - ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報

中小企業診断士の登録

国家資格で、中小企業支援法に基づき、中小企業診断士の資格は、経済産業大臣が登録しています。
中小企業診断士になるには、協会が実施する第1次試験に合格しなければならず、大関門として突破しなればなりません。
登録有効期間は5年間と決められているので、中小企業診断士となったものは、5年ごとに更新しなければなりません。
経営の診断と経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が中小企業診断士を登録しているのです。

中小企業診断士として登録されるには、協会が実施する第2次試験合格後、実務補習を修了しなければなりません。中小企業診断士という資格は、中小企業の経営課題に対応するため、しっかりと診断して、助言を行う役割があります。
また、中小企業診断士の登録を更新するには、有効期間内にある要件を満たさなければなりません。
また、中小企業診断士は、事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタントとしての位置づけもあります。
また、診断協会などが実施する論文審査に中小企業診断士は合格しなければ、登録更新はできません。
また、中小企業基盤整備機構もしくは登録養成機関が実施する養成課程を中小企業診断士は修了しなければなりません。
スポンサーサイト



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ビジネスの豆知識のマル秘情報と就職・転職・アルバイトのお役立ち情報 All Rights Reserved.